TRAVEL 本編

細分化 1997.4.15

イスタンブールの楽器博物館。おっと、これはなんじゃ〜い!まずシングル6コースですねぇ、弦がエンドピンでブリッジに止まっている。ボディーはウードよりもほっそりしていて、どちらかというとリュートに近い。かと思うとヘッドはリュートの様に「くの字」に折れ曲がってはいない。フレットは写真では確認できないが。最初から無いのか、それとも古くなって無くなってしまったのか。わっからんな〜〜...それじゃまた文献.....載ってませ〜ん、困った。そういえばこれに似た楽器を日本で見たことがある。神田商会の「GARAGE」というお店。そこでは「ギターラウト」と称して売っていて、それには金属製のフレットが打ってあったと記憶している。「Lark In The Morning」では「ギターリュート」というのを扱っているようだが、写真を見たことがないので何とも言えないが、もしかしたらそれかもしれない。それにしてもフレットレスっていうのがどうもひっかかる。待てよ、バンジョーも昔はフレットレスだったんだ。そう考えるとこいつは「昔のギターラウト」あるいは「昔のギターリュート」このどちらかに違いない。鶴田さん!このあたり詳しいですか.....?


● 鶴田参上:以前イタリアのアンドレア・タッキさんから「博物館のリュートギターを修復しているところだ...」というメールをもらったことがあるのですが、たぶんこの楽器のことでしょうか? でもピンを使っていて単弦ということは近代の楽器のような?...疑いのまなざしのワタシ。それにしても.....ポリシーのない楽器?ですなぁ〜.....「音色はリュートのごとく華麗なほうがいいんだけどぉ〜〜〜、複弦は弾きにくいしぃ〜〜〜、弦もカンタンに交換できればいいんだけどぉ〜〜〜...ついでにピックガードもつけちゃえ〜〜」といふような煩悩の集大成か???

● 候補としてはユーゴスラビアの「ウティ」かな?...だけどウティは基本的に複弦だったような気がします......。あとは19世紀中頃のミラノ形式のマンドリン族(6単弦)かな?。しかしこの2つの候補のどちらもフレットのある楽器ですし......。う〜〜〜〜ん、やっぱりわかんなぃ〜〜〜。

● 調弦が気になりますね.....だれかご存じでしょうか? きっとそのうち、博学で親切な読者からの投書がありますよ田代さん(笑)......。