TRAVEL 本編

物凄いコレクション1 1990.9.25

バルセロナの楽器店、「CASA PARRAMON」のコレクション。「自分とは何モンじゃ〜い?」とにかく楽器なんかに目もくれず、ひたすらできるだけ多くの国を見て回ること、90年の旅の目的はこれだった。が、偶然に発見した楽器店で弾いたガットギターが、これまた良かった。それまで持っていた「さ○○い」のとは比べ物にならないほど。巻弦の音の太さといったらそりゃあ絶品でしたわ。さすがにスペインものは違うなあと思った。バルセロナに行くたびにこの店に来るが、どうやら試奏するこの場所にヒミツがあるのに気がついた。もちろん日本でもイイ音がするんだが、ここで弾くともっと良い。自然なエコーが良い気分にしてくれる。騙されたワケじゃないんだが、ちょっとクヤシイ。写真はここの主人のコレクションの一部、売りもんじゃありません。
日本の琵琶もしっかり壁にディスプレイされていた。楽器の解説は省略。こういうものは「ええなあ〜〜....」とヨダレをたらして見ていればよい。まちがっても欲しがってはイケナイ。知ってもイケナイ、知るともっと欲しくなる(猿の惑星か....)。でもそれじゃあんまりだから、イイ人をを紹介しよう。CRANE HOMEPAGEの鶴田さんだ。リュート、19世紀ギターなど古い弦楽器には相当詳しいので(と勝手に決めているが)、彼がきっと解説してくれるはずです、と思います、じゃないかな....(鶴田さんお願い)。このページからもリンクされているので興味のある方はどうぞ。



■ はは〜〜〜ぃ!鶴田でぇ〜〜〜〜す! 田代さんからお呼びがかかったのでちょいとばかし薄識をふりかざして(アブナイなぁ〜〜)解説しませう。

写真右端のヴァイオリンのようなヘッドを持つ小柄なギターは6コースのQuinterna (17世紀初頭に見られたリュート族の楽器)のようですが表面板の状態などからレプリカだと思います、たぶんM・プレトリウス「シンタグマ・ムジクス」の挿し絵をもとに制作されたものではないでしょうか。確証ナシ。

その下のハデな背中を見せている楽器はウードですか。ヘッドの形状からシリアあたりのものではないでしょうか? しっかし.....鬼のような装飾ですなぁ〜〜。

その隣はビウエラ。ルネッサンス期(16世紀)にスペインでさかんに演奏された楽器で、この写真は6コースのレプリカのようです。
側板はマホガニーのようなローズウッドのような材料....。欲しい....。

その隣はマンドリンでしょうけど詳しいタイプについては存じません、スンマセン...。すぐ上のすごくちっちゃいのはバグラマのミニチュアっぽいですが、ペグとかの作りを見る限りでは実用に耐えるべく製作されたようです。欲しい....。

中央の舟のような楽器はハーディガーディ。12世紀ごろシンフォニアという楽器がもとになっており、協会や宮廷で合唱の伴奏に使われていましたが、のちに興行楽士や乞食の楽器としてスペイン〜ロシアで弾かれるようになってしまいました。その道の人にいわせると演奏が難しく「ギョ〜〜」となりがちとか....種類によってはウルサイぐらいの音....。ボディはリュートのようなボウル状のものやチェロのように平坦な裏板をもつもの、あるいはイカのようなボデイ形状のもの(ヘンリーIII世型)などがあります。ハーディガーディの多くはドローン弦と呼ぶ持続低音弦が張られていて同様の構造がアパラチアン・ダルシマーにも見られます。コレホント!

その下の2本の楽器は19世紀初頭のギターですが、ヘッドのスタイルとヤレ具合から見てスペインのオリジナルの楽器だと思います。
博物館にあってもよさそうな2本ですね。

ハーディガーディの左の2本はヴァイオリンですが、まるっこいボディのヤツはたぶんフランスのF・シャノーが19世紀初頭に製作したものではないでしょうか。

その下はヴィオラ・ダ・ガンバ(ヴィオールと呼ぶこともある)かな? ガットフレットが巻いてないのでヴィオラ・ダモーレかもしれません、ちょっと自信ありません...。5弦のものと8弦(4コース?)のものが展示されている点に注目。ヴィオラ・ダ・ガンバは6単弦のものをよく見かけますが、バス、バス7弦、ディヴィジョンバス、テナー、トレブル、パルドッシュなどの種類があります。

写真左端の大きな楽器は18世紀ごろのテオルボ(これもレプリカ)。床に置いてあるリュートはイタリアかフランスのバロックリュート(たぶん13コースか14コース)と思われます。

その他の楽器はちょっと調べてみないとわかりません、無責任鶴田でした〜〜〜〜!