OTHERS / TIPLE

スティール弦、4コース10弦。 2/3/3/2という弦の組み合わせ。どうやらアルゼンチンやコロンビアなど、南米のフォークミュージックで使われた民族楽器らしいが、Tassiの楽器はアメリカのマーティン製。

2、3コースは3本同時に押さえる。おまけに真ん中の1本がオクターブ下。このためピッチを完ぺきに合わせることはまず無理。以前レコーディングの現場で「田代さーん、チューニングをもう一度確認してくださ〜い」なんてことが何度もあったので、合わせるふりしてオクターブ下の弦を外してそのまま弾いた。 「うーん、こっちの方が音がスッキリしてていいですね」だって。それ以来8弦(2/2/2/2)にして使っている。マーティン製の写真の下に、「LOUIS SUTZ」社のTIPLEも掲載した。こちらはキチンと10弦にしている。

TIPLEはいくつか種類があって、当然チューニングも数種類あるようだ。マーティン製のもの(マーティン・スタイル)は、ウクレレに準ずるチューニングにすると聞いたことがあり、Tassiもそれに倣っている。


ティプレ / MARTIN T-15(MADE IN USA)




 調弦:G,C,E,A 4コースがオクターブユニゾン、1〜3コースはユニゾン

 TassiのPLAY Flash形式:200KB

 


 



ティプレ / Louis Sutz (MADE IN USA)